DNSを摂ってチームを応援しよう! webショップバナー

【RISE LETTER:The Sun Also Rises. #5 上京組対談】
2021.9.15

解散、そして再結成から12年。「もう一度、日本一へ。」
RISE:陽はまた昇る。チーム名に込められた思いを体現するため、RISEメンバーは何を思い、どう考え、どこを目指しているのか。そんな秘めた思いに迫る本企画。

第5弾は、Kicker#34 平 佳祐、WR#83 小坂 恒介、DL#97 岡本 晃季の3名です。
それぞれのフットボールに対する思い、RISEへの思いについて話を聞きました。

34_83_97.jpeg


ーーー みなさんRISEでの登録が1年目ということで、まずは自己紹介からお願いします。

平:平 佳祐です。福岡大学出身で、ポジションはキッカーです。昨シーズンまで、福岡SUNS(以下、SUNS)でプレーをしていました。
今年、社会人5年目の27歳です。苗字が平なんですが、実は源平の平氏の末裔です。

小坂:小坂恒介です。ポジションはWR(ワイドレシーバー)です。埼玉県出身で大学は中央大学です。仕事の配属が福岡になったので、福岡から練習に通っています。
男三兄弟の末っ子として生まれましたが、兄と比べ自分だけ名前の規則性から外れているので養子説もあります。

岡本:同志社大学出身の#97DL(ディフェンスライン)岡本 晃季です。僕も3人兄弟の末っ子なんですが、こんなに体がでかいのが僕だけなので、食費がえぐかったらしくて一生おかんから文句を言われていました。




ーーー ご自身のプレースタイルや強みについて、教えてください。

平:高さのあるキックが特徴です。キッカーとして、高さを生かしたキックをこのチームに還元できればいいなと思います。

岡本:まじで弾道高すぎて、ラッシュしている時に「これが本当のキッカーか」と思いました。吉野至さん(SUNSの監督)のYoutubeで一押しされているの見ましたよ(笑)「60yds蹴る」って言ってましたね。

平:よく見てる(笑)

岡本:自分は身⻑が低いので大きくて怪獣みたいなOLに何で勝てるかっていうのを考えて、アグレッシブなプレーを意識しています。置きにいって勝てるタイプの人間ではないことは自覚しているので、どんなプレーも猪突猛進スタイルでやってます。

小坂:自分は高校までバスケやっていたのもあってジャンプするのが好きですね(笑)
なのでバスケで培った経験を最大限アメフトに活かしたいなと思ってます。最終ゴールはアメフトっぽく無い動きでアメフトがしたいです。

岡本:こさっちゃんはめっちゃ高く飛びますよ!サイドラインから見て一番高く飛んでいるのが小坂ですね!!(笑)注目してください。




ーーー 社会人でフットボールを続けようと思ったきっかけを教えてください。

平:就職をきっかけに1年半くらいアメフトから離れていましたが、小学校からチームスポーツをしてきたのでアメフトから離れて物足りなさを感じました。それで、もう一度アメフトをしようと思いました。

岡本:純粋にもっと高いレベルでアメフトしたいなと思ったからです。あとはめっちゃアメフトをするのが好きなんです。高校時代は野球部で一生監督の横で声出しているだけだったんですが、大学でアメフトを始めてめちゃくちゃ頑張っていたら、4回生の時にチームに認められたんです。今まで人に認められることなんてなかったので、「アメフトやめたくないな、せっかく人に認められたし」と思いましたし、自分がどこまで通用するのかやってみたいなと思いました。

小坂:大学時代のコーチや小さい頃からいつも自分のスポーツの応援に来てくれている家族の後押しがあり、社会人でもアメフトを続ける事にしました。




ーーー なぜRISEでプレーをしようと決めたのでしょうか。

平:見学来たときにすごくチームの雰囲気が良くて、本気でアメフトを楽しんでいる感じがいいなと思ったからです。SUNSにも近い雰囲気だったので、楽しく出来るかなと思って。あとは高いレベルでチャレンジしたいという思いがあったので、X1SuperのRISEにいこうと決めました。

小坂:大学の時からRISEとは交流があったのに加え、RISE出身の大学のコーチからも勧められたのでライズに入団するのを決めました。自分の人生は行雲流水、色んなことに後押しされて道を決めることが多いですね。

岡本:他のチームと迷っていた時に、セレクションの時に城ヶ滝さん(RISE ヘッドコーチ)がおっしゃっていた「俺たちは日本一を目指しているチームやから。そのチームに値する人間かを見させてもらいます。」という言葉を思い出して、RISEに決めました。「日本一になる」という目標を明言する城ヶ滝さんをかっこいいと思いましたし、とても惹かれました。




ーーー 実際にチームに参加してみて、RISEはどんなチームですか。

岡本:すごい良いチームだと思います。選手一人一人のレベルが高く、勉強になります。伊倉さん(DL#90 伊倉 良太)、小宮さん(DL#44 小宮 洋平)、池田さん(DL#93 池田 貴士)とか、「そんなとこまで考えてやるんや」って感じることが多いので、単純にすげーなと思います。自分も社会人になって"考えることの大切さ"みたいなものを日々感じているんですが、皆さんが考えていることが多すぎてまだ一部しか理解できてないけど、知識をもらっているような感覚です。特に、伊倉さんのフットボールの頭脳の高さには圧倒されますし、スキルに関しても色々吸収させてもらっています。
フィジカル面でも、練習で当たる度にもっと体を強くしなきゃいけないと感じさせてもらっていて、小宮さんの筋トレとかは次元が違いますし、すごい上に筋トレをされていて非常にストイックなので、本当に尊敬しています。めざせ小宮さんだと思っています。

平:日本一を目指す本気度を感じます。今までのチームはポジション柄、キックをはずしても「次!次!」ってなることが多かったんですが、RISEでは強く言ってもらえるんです。言われた瞬間はむかつくこともあるけど、求められる環境があるということが個人的にもありがたいし、チームとして勝とうとしていると感じます。

小坂:僕はあんまり積極的なタイプではないのですが、とてもコミュニケーションがとりやすいチームです。
日本一になる為に個々人が考えて行動している意識が強いからそういう環境になってると思います。特に同じポジションの先輩に質問すると親切に沢山のアドバイスをくれるので毎練習良い刺激をもらってます。




ーーー さいごに、応援してくださるファンの方へメッセージをお願いします。

平:キッキングで魅せます。キッカーって分かりづらいポジションだと思うので、これを機にキッカーにも注目してもらえると嬉しいです。

岡本:がむしゃらに頑張っている#97の姿をみて、応援していただけると嬉しいです。

小坂:一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いします。

=========================================================================

【RISE LETTER:The Sun Also Rises. #1 HC城ヶ滝一朗】 はこちら

【RISE LETTER:The Sun Also Rises. #2 幹部対談-前編】 はこちら

【RISE LETTER:The Sun Also Rises. #2 幹部対談-後編】 はこちら

【RISE LETTER:The Sun Also Rises. #3 ルーキー対談-前編】 はこちら

【RISE LETTER:The Sun Also Rises. #3 ルーキー対談-後編】 はこちら

【RISE LETTER:The Sun Also Rises. #4 畑DCインタビュー】 はこちら