【RISE LETTER:Kick Off Your Career. #04】 マネージャー矢持秋衣
2022.2.23

未来のXリーガーへ。

社会人リーグには、想像以上に色んなバックグラウンドを持つ選手・スタッフが集まってきます。

「これからどんな大人になりたいか」

そんなことを考え、悩むであろう学生たちの背中を押すきっかけになればと思い、この企画を発信します。

第4弾は、マネージャーの矢持秋衣です。


========================
職業:小学校教員
入社年:2020年
========================

04_yamochi.jpg

ーーー 平日はどのような仕事をされているのでしょうか。

小学校の教員をしています。


ーーー なぜその仕事についたのでしょうか。

これから⻑い未来を生きていく子どもたちに社会のリアルを伝えて、強く生きていく人を育みたかったからです。


ーーー 学生の時にイメージしていたキャリアと、今思うこの先のキャリアについて。

学生の時には、ぼんやりと教員試験に受かればずっと教員で、いろんな環境下で育っている子どもたちと学び合えると思っていました。
今は、授業をしながら子どもたちと人間関係や生き方を学び合えていますが、その他の業務も多くて、本当に大変な仕事だなと思っています。定年まで働き続けるのは当たり前じゃないと思っています。また、キャリアアップについて考える機会もあり、学生の時に描いていたゴールとは違うことが多いです。まだまだ考え中です、、、。


ーーー なぜライズでスタッフとして活動しようと思ったのでしょうか。

日本一を目指してフットボールと向き合っているチームを探していました。
わたしは学生の時に選手としてタッチフットボールをしていて、2020年のサクラボウルで日本一になった経験があります。日本一になった瞬間は、東京ドームのライトに照らされて、チームのみんなが輝いていました。それまで負け続けた苦しさ、怪我を抱えながらもチームに残って葛藤していた日々がありましたが、何より日本一になった時の景色が忘れられません。自分が日本一になれた喜びももちろんありましたが、先輩や辞めていった仲間の気持ちに応えることができたことや、家族が喜んでくれたことが、言葉に表せられないほど嬉しかったです。
その経験があって、社会人でも日本一を目指せるチームに所属したいと思いました。ライズの見学に行った時に、日本一を目指していること、選手の方たちが楽しく練習されている雰囲気がよかったことが印象に残って、今度は選手としてではなく、チームを支える側でも貢献できることはないかと考えマネージャーとして所属することを決めました。


ーーー あなたにとっての仕事×フットボールとは?

フットボールをしていると、いろんな人の考えやその伝え方に気付くことができます。だから、自分の価値観が広がって面白いです。教室の中にはたくさんの子どもたちがいて、それぞれの考えと伝え方が存在しているので、それを受け入れて発信する力に繋がっていると思っています。


ーーー 社会人でフットボールを続けるか迷っている人へメッセージをお願いします。

フットボールが好きな気持ちを尊重して、一歩踏み出してみてください!休日にフットボールをすることは、平日の疲れを癒しにいろんな人と出会う機会でもあると思います。ライズは選手の方やスタッフのみなさんの個性が豊かですごく面白いです。その人たちに会うのが楽しみだから続けられているのもあるかもしれません。
ライズに入ってくれたら全力でサポートします♡笑


=========================================================================


【RISE LETTER:Kick Off Your Career. #01】#11 TE/FB 財津弘彬 はこちら

【RISE LETTER:Kick Off Your Career. #02】#15 WR 出島崇秀 はこちら

【RISE LETTER:Kick Off Your Career. #03】#85 WR 八木雄平 はこちら

【RISE LETTER:Kick Off Your Career. #05】#34 K/P 平佳祐 はこちら