TOPICS

TOPICS

【ライズJrチーム】フラッグ春季南関東大会決勝
2015.7. 7

いつもNPO法人相模原ライズ・アスリートクラブに
温かいご支援とご声援をいただき、ありがとうございます。
ライズJr.チームのフラッグフットボールSチームがフラッグ春季南関東大会の
決勝大会での試合結果をご報告いたします。

◆準決勝
 7/5(日)@富士通スタジアム川崎
  ライズJr ● 36 - 19 慶應義塾幼稚舎ユニコーンズ2013
【ゲームレポート】
ライズJrはディフェンスからのスタートで試合開始。
初回の相手の攻撃を4回で止めてオフェンスへうつります。
最初のシリーズはランを中心の攻めタッチダウン。6-0と先制します。
しかし、その後のディフェンスでショートパスからタッチダウンを取られ
6-7と逆転されます。
追う立場となったライズですが、その後の攻撃で連続でタッチダウンを決め、
18-7と逆転に成功。
さらに、ディフェンスで相手のパスをインターセプト。
その後の攻撃を得点に結びつけ、前半を24-7の大量リードで折り返します。

後半も相手の攻撃をしっかり止める展開。
雨でパスが投げにくい状況でランプレー中心に攻めることができ、
追加点も重ねて最終スコアは36-19で試合終了。決勝進出となりました。
決勝の相手のワセダクラブは東京埼玉地区を1位通過した強豪となりました。


◆決勝
 7/5(日)@富士通スタジアム川崎
  ライズJr ● 32 - 22 ワセダクラブテディーベアーズPE

【ゲームレポート】
ライズJrはディフェンスからで試合開始。
相手オフェンスはノーハドルオフェンスで攻めてきました。
ライズJrは混乱する部分もありましたが、なんとか抑えました。
続くオフェンスですが、タッチダウンを狙ったパスをインターセプトされます。
その直後の相手の攻撃でタッチダウンされ先制点を奪われます。
その後互いに攻めあぐねる中、前半終了間際にライズJrは
ランプレーでゲインを重ね、最後はパスでタッチダウン。
トライフォーポイントも決まり、7-6と逆転に成功し前半を終了します。

後半はライズJrのオフェンスからスタート。
ライズJrはタッチダウンパスを決めます。
その後もランプレーでタッチダウンを奪い、20-6とリードを広げます。
しかし、その後の相手の攻撃でタッチダウンを取られてしまいます。
更に2点コンバージョンも決められてしまい、20-14と点差を縮められてしまいました。
追い上げムードで相手ベンチが盛り上がり、苦しい雰囲気に包まれますが、
ライズJrは集中力を切らすことなく攻めて26-14と再びリードを広げます。
その後はお互いが得点をする展開となりましたが、そのまま試合終了。
最終スコア32-22で勝利し、昨年に続き春季南関東大会で優勝となりました!

これにより8月2日(日)に行われる関東関西チャンピオンズカップに出場が決まりました。
昨年達成できなかった日本一に向けてこれからも頑張っていきますので、
引き続き応援よろしくお願いいたします。


結果報告は以上となります。
引き続き、ご声援よろしくお願いします。