試合情報

試合情報

パールボウルトーナメント Dグループ第2戦 vs アサヒビールシルバースター

2016/5/15 (日) 17:00開始 @富士通スタジアム川崎
得点経過 スタッツ 個人記録 試合レポート
ノジマ相模原ライズ 10 - 7 アサヒビールシルバースター
0 1QT 0
7 2QT 0
0 3QT 7
0 4QT 0
3 OT 0
得点経過
Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
2 04:21 RUSH #2 宮幸 10 KICK #14有輪 G
3 08:20 RUSH #10柳澤 1 KICK #99櫻井 G
OT FG #29望月 36
スタッツ
ノジマ相模原ライズ チーム アサヒビールシルバースター
12 (4 - 7 - 1) ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 16 (8 - 5 - 3)
27 - 13 - 1
110Yds
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
30 - 17 - 3
158Yds
29 - 60Yds (ラン) 回数 - 獲得ヤード 27 - 91Yds
56 - 170Yds (攻撃) 回数 - 獲得ヤード 57 - 249Yds
5 - 45Yds (反則) 回数 - 損失ヤード 7 - 47Yds
0 - 0 (ファンブル) 回数 - 喪失 2 - 0
2 - 1 (フィールドゴール) 回数 - 成功 1 - 0
24:14 TIME OF POSSESSION 23:46
個人記録
RUSHING
NO. PLAYER ATT YARDS TD LG    
2 宮幸 崇 12 44 1 10
32 金子 泰徳 4 15 0 7
27 細野 陽平 5 9 0 3
18 荒木 裕一朗 7 -3 0 12
19 松尾 海太 1 -5 0 -5
TOTAL 29 60 1
PASSING
NO. PLAYER ATT COMP INT YARDS TD LG
18 荒木 裕一朗 26 13 1 110 0 16
10 藤本 亮 1 0 0 0 0 0
TOTAL 27 13 1 110 0
RECEIVING
NO. PLAYER NO YARDS TD LG    
84 吉田 武蔵 3 29 0 13
85 八木 雄平 3 26 0 16
16 佐藤 励 2 13 0 12
19 松尾 海太 1 10 0 10
1 中田 結 1 9 0 9
2 宮幸 崇 1 9 0 9
15 出島 崇秀 1 8 0 8
83 下段 亮太 1 6 0 6
TOTAL 13 110 0
TACKLE
NO. PLAYER TACKLE YARDS SACK      
43 池田 貴士 5.0 4 0
44 小宮 洋平 4.0 0 0
3 佐久間 徹 3.0 0 0
57 田中 喜貴 3.0 1 0
31 伊田 拳斗 2.5 0 0
41 増山 純季 2.0 4 1
9 番矢 大輝 1.0 0 0
11 財津 弘彬 1.0 0 0
14 有輪 七海 1.0 0 0
16 佐藤 励 1.0 0 0
23 北村 雅史 1.0 0 0
24 山口 亮二 1.0 0 0
26 渡辺 健太 1.0 2 0
87 原田 大輔 1.0 0 0
96 杉浦 卓紀 1.0 0 0
52 鈴木 修悟 0.5 0 0
TOTAL 29 11 1
INTERCEPTION
NO. PLAYER INT YARDS TD      
26 渡辺 健太 1 16 0
57 田中 喜貴 1 0 0
23 北村 雅史 1 13 0
TOTAL 3 29 0
PASS CUT
NO. PLAYER CUT          
3 佐久間 徹 1          
23 北村 雅史 1          
26 渡辺 健太 1          
52 鈴木 修悟 1          
TOTAL 4

試合レポート

プロローグ

ここまで数々の熱戦を繰り広げてきたライズとシルバースター。昨春の東日本交流戦では6-31と大敗を喫するも、秋の2ndステージ第1戦ではタイブレークにもつれ込みながら14-7で雪辱を果たした。米国人QBメイソン・ミルズが率いる爆発力のあるシルバースターのオフェンスをライズの看板であるディフェンスがいかに押さえるか、そして初戦でそつのない攻撃を展開したQB荒木率いるライズのオフェンスがどうやって点を取っていくのか。注目の1戦がいよいよ始まる。

1Q

ライズのキックオフ、シルバースター(以下SS)のリターンで試合開始。シルバースターのQBは#1メイソン・ミルズ。ライズ守備陣は試合の入りから高い集中力を発揮、新人DB#31伊田(日体大)の好タックルもあり、1stダウン更新を許さずパントへ追い込み攻守交替。ライズのQBは前の試合に引き続き#18荒木(立命館大)。最初の攻撃で先制点をあげたい所だが、荒木のパスをインターセプトされて攻守交替。続くSSの攻撃もパントに追い込み再び攻撃権を得たライズはRB#2宮幸(中央大)、#27細野(国士館大)のラン、LIXILから今季移籍したTE#84吉田(日本大)へのパスで連続してダウンを更新するも得点には至らず。新人キッカー/パンター(以下K/P)#14有輪(日本大)の蹴ったパントキックにライズのカバーチームが殺到、SS陣12ヤードからと、厳しいフィールドポジションからの攻撃を強いることに成功。ここからのSSの攻撃をしっかりと押さえてパントに追い込む事に成功し、ライズは敵陣48ヤード地点からと、敵陣に入った状態で攻撃権を獲得。QB荒木から新人WR#85八木(慶応大)へのパスが成功し、SS陣29ヤード地点まで侵攻した所で1Qが終了。


2Q

1Qから引き続きライズの攻撃、RB#32金子(立教大)のランプレーで22ヤード地点までボールを進めるが、タッチダウンを狙ったパスは不成功。ここでライズはフィールドゴールを選択するも、K/P#29望月(近畿大)のキックは相手にブロックされてしまい、得点ならず。しかし、嫌な流れをディフェンスが断ち切る事に成功。SSのQBミルズのパスを新人DB#26渡辺(帝京大)がインターセプト!! 敵陣内で攻撃権を奪い返すことに成功する。敵陣33ヤード地点からと、絶好のフィールドポジションでの攻撃で、何とか得点につなげたいライズは、QB荒木からパスを受けたこちらも新人WR#16佐藤(日体大)がランアフターキャッチ(以下RAC)でSS陣18ヤード地点まで前進。最後はエースRB宮幸が10ヤードのタッチダウンランを成功させて6-0。K/P有輪のポイントアフタータッチダウン(以下PAT)のキックも成功して、7-0とリードする。続くSSの攻撃、ライズ守備陣のプレッシャーを受けながら、要所でQBミルズが自らのランでダウンを更新、粘り強くボールを運ばれライズ陣への侵攻を許すが、29ヤード地点からのSSの攻撃で、再びライズ守備陣にビッグプレー。ミルズのパスをDB#23北村(立教大)がカットし、浮いたボールをLB#57田中(法政大)が確保してインターセプト!! 前半最後のSSの攻撃も、DB#3佐久間(名城大)らの活躍で無得点に押さえ、7-0とリードして前半を終了。


3Q

後半はSSのキック、ライズのリターンで試合再開。ライズはRB宮幸、細野のラン、QB荒木からTE吉田、WR#19松尾(日本大)へのパスで連続してダウンを更新するが得点には至らずパントへ。自陣34ヤード地点から攻撃を開始したSSはRB柳澤のラン、QBミルズから戸倉、林ら新旧日本代表WR陣へのパスでライズ陣レッドゾーン内に侵入。ミルズから米国人WRウィルソンへのタッチダウンを狙ったパスは不成功となり、ライズが危機を脱したかに見えたが、ここでライズ守備陣にパスインターフェアの反則があり、ゴール前9ヤード地点でオートマチック1stダウン。ライズ守備陣も必死の抵抗を見せるが、ゴール前1ヤードまでパスで進まれると、最後はRB柳澤にパワープレーでの1ヤードタッチダウンランを許して7-6。PATキックも成功して7-7と、試合は振り出しに戻る。


4Q

3Qから続くライズの攻撃はSS陣49ヤード地点から。RB細野のランでダウンを更新するも、2ダウン1からのランプレーを連続してストップされダウンを更新できず、パントへ。K/P有輪のキックは、SS陣ゴール前まで転がるナイスパントになり、SSに厳しいフィールドポジションを強いることに成功。ライズ守備陣はSSのQBミルズにプレッシャーをかけ続け、自陣への侵攻を許さずにパントに追い込むことに成功するが、自らの攻撃もSS守備陣の前にボールを進めることが出来ずにパントを蹴らざるを得ない。ライズはDL#52鈴木(国士舘大)の強烈なタックルでQBサック、ミルズを負傷退場に追い込むが、ライズQB荒木もSS守備陣のタックルを受けて負傷、QBは#10藤本(日本大)に交替。しかしQB藤本からWR八木へのパスは失敗となる。4thダウンとなりK/P有輪のパントをSSのWRウィルソンが18ydリターン、7-7のまま試合は残り時間1分42秒、SS陣42ヤード地点からのSSの攻撃に。SSのQBはミルズが復帰し、ランプレーを織り交ぜながら時間を使い切って得点を挙げ、勝利を掴むことを狙う。ライズDLにラフィンザパサーの反則があり、自陣への侵攻を許すと、ランプレーとショートパスでじりじりとボールを進められてしまう。ライズ陣30ヤード地点とフィールドゴール圏内からSSの攻撃、残り時間は31秒、圧倒的にSSに有利なシチュエーションで、DB#23北村がミルズのパスをインターセプト!!試合の流れを一気にライズ側に引き寄せることに成功。最後のライズの攻撃は得点に至らず、昨季の対戦同様、タイブレーク戦に突入することに。


OT

タイブレークはコイントスに勝ったSSが後攻を選択し、ライズの攻撃からスタート。25ヤード地点から攻撃を開始し、RB宮幸のランでボールを進めるが、荒木からWR佐藤へのパスは不成功。ライズはK/P#29望月の36ヤードフィールドゴールに得点を託す。プレッシャーのかかる場面で、望月はしっかりとキックを成功させて3点を追加し、10-7と再びライズがリードを奪う。後攻のSSを無得点に押さえればライズの勝利だが、SSはタッチダウンを奪えばその時点で勝利となる。SSもランプレーでボールを進めることを選択するが、ライズ守備陣が集中力を高めSSのランナーに殺到し、前進を許さず1ヤードのロスを強いる。ここでQBミルズが本領を発揮、WR戸倉にパスを決めてライズ陣13ヤード地点まで侵攻。SSはじりじり進み3rdダウン8ydとなり、1stダウン更新を狙うが、LB#41増山(日体大)がQBミルズを仕留め4thダウンに追い込む。ゴール前15ヤード地点でフィールドゴールを選択。決まれば10-10でタイブレーク2回戦に突入となるが、ライズディフェンス陣がプレッシャーをかけるとSSのK/P櫻井がこのフィールドゴールを外し、そのまま10-7で試合終了。昨秋の2ndステージ同様、ライズがタイブレーク戦までもつれた熱戦を制した。

これまで数々の熱戦を繰り広げ、因縁の対決と呼んでも良いシルバースターとの対戦は、やはりもつれる展開となった。昨春の交流戦では、QBミルズとWRウィルソンの米国人ホットラインで158ヤードを稼がれて6-31と大敗を喫したが、今回の試合ではライズのDB陣がウィルソンをしっかりとマーク、29ヤードのパスレシーブに押さえることに成功し、ミルズのトータルパス獲得距離を158ヤードと昨年ウィルソン一人に獲得された距離にとどめたことがSSの爆発力を押さえる原動力となった。北村、田中の主力に加え、新人DBの渡辺が要所でインターセプト、SSの攻撃を断ち切る事に成功。ライズの攻撃陣も、トータルの獲得ヤードは170ヤードと、SSの249ヤードに及ばなかったものの、LIXILからの移籍のTE吉田や新人WRの八木や佐藤らが躍動し、全体として力感溢れる攻撃を見せてくれた。難敵を撃破して、いよいよパールボウル準決勝へ駒を進めるライズ。対戦相手はIBMビッグブルー。昨季は対戦がなかったが、2014年は秋のリーグ戦で苦杯を舐め、リーグ戦を通じたモメンタムを失うキッカケとなった。SSに続く難敵を撃破してパールボウル決勝に進めるか。注目の一戦は5/29(日)にキックオフとなる。