試合情報

試合情報

Xリーグ 秋季リーグ戦 第5戦 vs パナソニックインパルス

2016/10/16 (日) 15:00開始 @キンチョウスタジアム
得点経過 スタッツ 個人記録 試合レポート
ノジマ相模原ライズ 17 - 24 パナソニックインパルス
14 1QT 6
3 2QT 0
0 3QT 8
0 4QT 10
得点経過
Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TFP PLAYER(S) G/NG
1 05:42 PASS #8高田→#2岸本 16 KICK #11佐伯 NG
1 09:46 PASS #98ガードナー → #17志水 1 KICK #29望月 G
1 11:08 PASS #98ガードナー → #13ギャロン 5 KICK #29望月 G
2 12:00 FG #29望月 32
3 00:15 KOR #1ポリー 100 RUN #33横田 G
4 7:19 RUN #8高田 5 KICK #11佐伯 G
4 10:01 FG #11佐伯 42
スタッツ
ノジマ相模原ライズ チーム パナソニックインパルス
14 (4 - 9 - 1) ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 11 (7 - 4 - 0)
38 - 25 - 3
196Yds
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
9 - 7 - 1
43Yds
16 - 39Yds (ラン) 回数 - 獲得ヤード 39 - 139Yds
54 - 235Yds (攻撃) 回数 - 獲得ヤード 48 - 182Yds
4 - 30Yds (反則) 回数 - 損失ヤード 2 - 15Yds
0 - 0 (ファンブル) 回数 - 喪失 2 - 1
2 - 1 (フィールドゴール) 回数 - 成功 3 - 1
21:57 TIME OF POSSESSION 26:03
個人記録
RUSHING
NO. PLAYER ATT YARDS TD LG    
98 デヴィン ガードナー 6 24 0 11
25 東松 瑛介 6 23 0 12
32 金子 泰徳 3 6 0 5
99 木村 健太朗 1 -13 0 -13
TOTAL 16 40 0
PASSING
NO. PLAYER ATT COMP INT YARDS TD LG
98 デヴィン ガードナー 38 25 3 194 2 22
Team 1 0 0 0 0 0
TOTAL 39 25 3 194 2
RECEIVING
NO. PLAYER NO YARDS TD LG    
13 ジェレミー ギャロン 10 100 1 22
84 吉田 武蔵 5 24 0 12
85 八木 雄平 3 31 0 19
15 出島 崇秀 3 19 0 13
25 東松 瑛介 2 7 0 4
32 金子 泰徳 1 4 0 4
17 志水 秀彰 1 1 1 1
TOTAL 25 194 2
TACKLE
NO. PLAYER TACKLE YARDS SACK FUMBLE
FORCE
FUMBLE
RECOVER
 
12 アート ロウレル 5 2 1 0 0
57 田中 喜貴 5 0 0 0 0
44 小宮 洋平 4 1 0 0 0
9 番矢 大輝 2.5 0 0 0 0
23 北村 雅史 2.5 0 0 0 0
5 アーネスト トーマスⅢ 2.5 0 0 0 0
52 鈴木 修悟 2 6 1 1 0
90 伊倉 良太 2 10 1 0 0
41 増山 純季 2 4 0 0 0
22 河石 泰 2 0 0 0 0
43 池田 貴士 2 0 0 0 0
3 佐久間 徹 1 0 0 0 0
42 大倉 夏輝 1 0 0 0 0
1 中田 結 1 0 0 0 0
82 伊津野 文人 1 0 0 1 0
59 西尾 公伸 0.5 0 0 0 0
31 新井 直輝 0 0 0 0 1
TOTAL 34 23 3 2 1
INTERCEPTION
NO. PLAYER INT YARDS TD      
57 田中 喜貴 1 0 0
TOTAL 1 0 0
PASS CUT
NO. PLAYER CUT          
         
TOTAL 0

試合レポート

プロローグ

前節まで1勝4敗と、大きく負け越しているノジマ相模原ライズ。敗れた試合は全て3点差以内と、実力が拮抗している強豪チームに競り負ける試合展開が目立つ。本場米国のNCAAで活躍したゴールデンルーキーを迎え入れて大きく戦力アップを図ったライズだが、どうしても勝ち切ることができない展開が続く。リーグ戦も終盤を迎え、11月からスタートするJXBトーナメントに出場できる可能性を残すためにも、残された2試合で勝利を挙げたいライズだが、立ちはだかるのは昨季のXリーグの1位と2位。格上のチームを相手に、勝利の方程式の最後の解を手にいれることができるのか。

1Q

試合はパナソニックのキックオフ、ライズのレシーブでスタート。QBはミシガン大出身の大型新人#98デヴィン・ガードナー。QBガードナーを擁するライズオフェンスと、強力パナソニックディフェンスとの最初のぶつかり合いは、ガードナーがパナソニックディフェンスからプレッシャーを受けて有効な攻撃を展開できず、3アンドアウトでパントへ。続くパナソニックの攻撃、昨季はいきなりパナソニックRB#33横田に独走タッチダウンランを決められたライズだが、この日はどうやって昨季日本一のパナソニックオフェンスに対抗していくか。パナソニックの攻撃は自陣33ヤードから。QBはベテランの#8高田。RB横田のランプレーであっさりとダウンを更新。続けてRB#41岩田のRACで連続してダウンを更新してライズ陣へ。ランプレーで連続してダウンを更新、レッドゾーンに侵入したパナソニックは、QB高田からTE岸本へパスが通り、タッチダウン。PAT(ポイントアフタータッチダウン)のキックは外れて0-6でパナソニックが先制する。

次のキックオフ、ライズのリターナー#15出島(久留米大)がパナソニック陣内まで50ヤード超のビッグリターンで嫌な流れを断ち切ることに成功する。敵陣46ヤードからのライズの攻撃、QBガードナーからWR#85八木(慶応大)へのパスが成功し、1stダウンを獲得。反則で罰退したがRB#32金子(立教大)のラン、新人ながらここまでリーグトップのレシーブヤードを記録しているWR#13ギャロン(ミシガン大)へのパスでダウンを更新、最後はQBガードナーからWR#17志水(慶応大)への1ヤードタッチダウンパスが成功!! PATのキックもキッカー#29望月(近畿大)が成功させて、ライズが7-6と逆転に成功する。続くパナソニックのリターン、ライズキックカバーチームがリターナーに殺到。#82伊津野がタックルするとファンブルロストを誘発、これをルーキーDB#31新井(帝京大)がボールを確保して敵陣26ヤード地点からと、絶好のフィールドポジションで再び攻撃権を得ることに成功する。スペシャルチームのビッグプレーに応えたいライズ攻撃陣は、QBガードナーからWRギャロンへのパスでパナソニック陣5ヤードまで攻め込むと、最後はQBガードナーが走ると見せかけてディフェンスを引きつけてWRギャロンへパスを通してタッチダウン!! PATのキックもK望月が成功させて7点を追加、14-6とリードを拡げて1Qを終了。


2Q

パナソニックの自陣34ヤードからの2ndダウン10、ライズDL#90伊倉(法政大)がQBサック!!ビッグプレーでパナソニックの勢いを断ち、ここはパントへ追い込むことに成功する。勢いに乗って追加点を挙げたいライズは、敵陣46ヤードからの攻撃でQBガードナーからTE#84吉田(日本大)、WR八木へのパス、前節のシルバースター戦から登り調子のRB#25東松主将(立命館大)のランプレーで連続してダウンを更新。しかしパナソニックレッドゾーン内に攻め込むも、エンドゾーンを陥れることができずにフィールドゴールを選択するが、K望月のキックはゴール左に外れて追加点を挙げることができない。

点差を詰めて前半を終わりたいパナソニックは、QBを高田から#18大原にチェンジし、自陣20ヤードからの攻撃を、オプション攻撃を軸に展開。QBのキープランで連続してダウンを更新し、ライズ陣に攻め込んだところで大原からWRへのパスが成功してライズ陣33ヤードまで侵攻する。パナソニックの勢いを押しとどめたいライズ守備陣は、ここでLB#41増山(日体大)がナイスタックルでパナソニックRBのランをストップ、4ヤードのロスタックルを強いることに成功。パナソニックはフィールドゴールで3点を獲得し点差を詰めることを選択するが、このキックをDL#59西尾(中央大)がはたき落として追加点を許さない。

前半残り45秒、ライズはさらなる追加点を挙げるべく自陣28ヤードからドライブ。QBガードナーからWRギャロン、WR八木へのパスが成功して連続してダウンを更新。パナソニック陣40ヤードまで進んだ所で前半最後のタイムアウトをコールする。前半残り時間19秒からの2ndダウン10、QBガードナーが自らボールをキープしてダウンを更新し、敵陣30ヤードまで進むと、QBガードナーからWR出島へのパスが成功して16ヤード地点までボールを進めることに成功する。この時点で残り時間は4秒。ライズはここでフィールドゴールを選択、K望月が落ち着いてこのキックを決めて3点を追加、17-6でリードして前半を終了。昨季王者パナソニックインパルスを相手に11点をリードしての折り返し。オフェンスがQBガードナー・WRギャロンのホットラインを軸にしっかりと点を取りきり、ディフェンスが昨季苦労したパナソニックのランプレーをしっかりストップし、攻守ともに素晴らしい前半の戦いぶり。


3Q

時間は午後4時、薄暮の中照明灯に灯が入り、勝負の後半がスタート。後半はライズのキックオフ、パナソニックのリターンから。このリターンをしっかりと止めたいライズだが、パナソニックのリターナー エモリー・ポリーは自陣深くでボールをキャッチすると、殺到するライズのキックカバーチームの中央を切り裂いて突破、そのままエンドゾーンまで100ヤードを走り切ってキックオフリターンタッチダウンを完遂。パナソニックはPATのプレーで2ポイントコンバージョンを選択、QB高田がフェイクパスからRB横田へピッチし、横田がそのままエンドゾーンに飛び込んでこれを成功させる。パナソニックは開始15秒で計8点を追加、17-14と一気に差を詰めることに成功する。

後半開始早々のパナソニックのビッグプレーでモメンタムを奪われたライズは、後半最初の攻撃が3アンドアウトでパントに追い込まれる。このままパナソニックが勢いづくかと思われた次の攻撃で、ライズディフェンスにビッグプレーが飛び出す。パナソニックQB高田のパスを、ライズLB#57田中(法政大)がインターセプト!!攻撃権を奪い返すことに成功する。

ディフェンスのビッグプレーを追加点につなげたいでライズオフェンス、パナソニックの反則で敵陣にボールを進めると、RB金子、TE吉田へのパス、QBガードナーのランでダウンを更新するも、WR出島を狙ったQBガードナーのパスをパナソニックDBにインターセプトされてしまう。嫌なムードをまたもやライズディフェンスが打開する。ライズ陣25ヤードからのパナソニックの攻撃、ライズDL#12アート・ロウレル(ハワイ大)がQBサック、2ヤードのロスタックルに仕留める。パナソニックは3アンドアウトでパント蹴り、攻撃権を放棄。互いの守備陣の奮闘で揺れ動くモメンタム。

ライズは自陣24ヤードからの攻撃、主将RB東松のラン、QBガードナーからWRギャロンへのパスで敵陣に攻め込むも、決め手を欠いてパントに追い込まれる。このパントにおいて、スナップが乱れてパンターの木村がボールを確保する際に膝をついてしまい、その地点からのパナソニックの攻撃となってしまう手痛いミスが発生。パナソニックの攻撃はライズ陣45ヤードから。ここでパナソニックRB横田にロングゲインを許し、22ヤード地点まで侵攻を許してしまう。3Q残り3分、逆転のピンチにライズディフェンスが集中力を高めて激しく抵抗。再びボールを持ったRB横田に激しくヒットし、横田はボールをファンブル。パナソニックがこれを押さえるするが10ヤードのロスを強いることに成功。続けてRB横田のドローランに対してしっかりとパシュートしてこれをストップし、ダウンの更新を許さない。4thダウンロングでパナソニックはフィールドゴールを選択するが、ライズDL伊倉がこれをブロックしてキックは失敗。このまま17-14とライズが3点をリードして最終Qへ。


4Q

3Q終盤、パナソニックの同点フィールドゴールを伊倉のブロックで防いだライズ。4Q最初の攻撃でタッチダウンを奪い、リードを拡げたい所だったが、ここはパントに追い込まれてしまう。ライズ守備陣はここでも集中力を切らすことなくパナソニックにプレッシャーをかけ、RBのランプレーを気迫のタックルでストップし、こちらも3アンドアウトでパントへ追い込み、攻撃権を奪い返す。

試合残り10分を切り、ライズの攻撃は自陣20Yから。ここでQBガードナーからWR出島を狙ったパスはパナソニックDBにカットされ、浮いたボールをそのままパナソニックに確保されて痛恨のターンオーバー。ここでも追加点を奪うことができないライズ、しかも自陣でパナソニックに攻撃権を渡してしまう。ここまで揺れ動いてきたモメンタムを掴んだのはパナソニック。ライズ陣45ヤードから、RB横田のランプレー、WRへのフラットなパスからのRACで29ヤードまで進んでダウンを更新すると、オプションプレーからRB横田にゴール前5Yまで進まれてしまう。尚も鋭いタックルで抵抗を続けるライズディフェンスはRB横田のダイブを連続してストップ、ノーゲインに抑える。ここでパナソニックが後半1回目のタイムアウトをコール。ライズゴール前5Yから、パナソニックの3rdダウン5、RB横田をデコイ(囮)に使ったQB高田のキープランでタッチダウンを奪われてしまう。PATのキックも成功して7点を追加、17-21とパナソニックが4点のリードを奪う。

試合の残り時間は4:41、ライズの攻撃は自陣30Yから。パナソニック守備陣の厳しいプレッシャーで3rdダウン15の厳しいシチュエーションに追い込まれるも、QBガードナーからTE吉田への13ヤードのパスが成功。4thダウン2で後のないライズはギャンブルを選択、QBガードナーからWRギャロンへのパスが成功し、1stダウン獲得と思われたが、ここでライズにホールディングの反則があり、10ヤード罰退。4th12からのQBガードナーのパスは失敗、自陣28ヤード地点でパナソニックに攻撃権を渡すことになってしまう。パナソニックはこのチャンスを42ヤードのフィールドゴールに結びつけて3点を追加。17-24とパナソニックのリードは7点に広がってしまう。試合残り時間は1:53、ライズの攻撃は自陣22Yから。何とかタッチダウンを奪って同点にしたいライズだったが、QBガードナーからWRギャロンを狙ったパスをパナソニックDBインターセプトされて万事休す。最後はパナソニックがニーダウンして時計を進めて試合終了。17-24でライズが今季4敗目を敵地大阪で喫することになった。

昨季Xリーグ王者のパナソニックインパルスの軍門に降ったノジマ相模原ライズ。ディフェンスは体を張ったタックルでパナソニックのオフェンスにプレッシャーをかけ続け、昨季の対戦から大きく失点を減らすことに成功。オフェンスも、QBガードナー・WRギャロンのホットラインを軸に素晴らしいパフォーマンスを発揮し、前半を終了して17-6と11点のリードを奪うことに成功した。確実にチーム力は向上し、ライズの持つ強みはリーグを代表する強豪にも確実に通用していた。それでも尚、ライズはパナソニックに勝てなかった。強敵に勝ち切り、ライズが真の強者になるために必要なピースは、未だ揃っていない。今年のライズがそれを手にすることができるのか。答えはリーグ戦最終戦、ホーム相模原での富士通フロンティアーズ戦にある。

須永ヘッドコーチ コメント

キンチョウスタジアムでのパナソニック戦、17-24で敗戦となりました。 遠方までお越しいただいた皆様、応援していただいている皆様には勝利でお応えすることができず申し訳ありませんでした。

結果が全てですので、良い試合をするだけではなく勝たなくてはなりません。 選手、コーチ、スタッフ全員で力を尽くしましたが、勝利を掴み取ることができませんでした。 彼らが全力を尽くしたうえでの敗戦ですので、ヘッドコーチである私の力が足りなかったということは明白ですが、立ち止まるわけにはいきません。

チームは良い試合をして勝たなくてはなりませんが、 私は「良い試合をしても勝たなくては意味がない」とは思いません。 主将東松のリーダーシップにより選手らの取り組みは大きく変わり成長し、コーチ陣のレベルも上がりました。そしてチームの好不調に関わらず、いつもスタッフたちは献身的にサポートを続けてくれます。 どんなに手を尽くしても、トップチームには手が届かなかった昨年までとは違い、 あと一歩のところまで来ているのです。

今季のライズはどんな強敵を相手にしても、怯むことも押し切られることもありません。 あとはトップチームが絶対に犯さない、ここぞという時の致命的なミスをなくし、 たとえ誰かがミスをしてもチームとしてブレることなく、押し返す力をつけることです。 そしてミスをしてしまった選手は、ミスを改善するだけでなく、次こそは自分がチームに勝利をたぐり寄せるプレーをするという強い意志を持って取り組むことです。

この二週間、チームは心を一つにして、前に進みます。 可能性がある限り、全力を尽くして自分たちの力で勝利を掴み取ります。

引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

Fearless.
全員フットボール
ノジマ相模原ライズ
ヘッドコーチ 須永恭通