パールボウル第1戦

2017.5.04

NEXT GAME

富士通スタジアム川崎

14:00 開始

Xリーグ 1st stage 第3戦 vs 警視庁イーグルス

2015/9/25 (金) 19:00開始 @東京ドーム
得点経過 スタッツ 個人記録 試合レポート
ノジマ相模原ライズ 45 - 3 警視庁イーグルス
14 1QT 0
10 2QT 3
7 3QT 0
14 4QT 0
得点経過
Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG Q TIME PLAY PLAYER(S) YARD TEP PLAYER(S) G/NG
1 11:54 PASS #14アンダーソン→#7井本 12 KICK #29望月 GOOD
1 7:53 PASS #14アンダーソン→#83下段 23 KICK #29望月 GOOD
2 10:24 RUSH #2宮幸 4 KICK #29望月 GOOD
2 6:07 FG #29望月 35
2 00:03 FG #56原嶋 45
3 2:37 RUSH #33富澤 6 KICK #29望月 GOOD
4 9:33 RUSH #33富澤 3 KICK #29望月 GOOD
4 6:34 PASS #5木下→#88大滝 48 KICK #29望月 GOOD
スタッツ
ノジマ相模原ライズ チーム 警視庁イーグルス
22 (9 - 13 - 0) ファーストダウン(ラン - パス - 反則) 4 (3 - 0 - 1)
32 - 23 - 0
292Yds
(パス) 試投 - 成功 - インターセプト
獲得ヤード
10 - 3 - 2
7Yds
24 - 132Yds (ラン) 回数 - 獲得ヤード 27 - 31Yds
56 - 424Yds (攻撃) 回数 - 獲得ヤード 37 - 38Yds
6 - 39Yds (反則) 回数 - 損失ヤード 1 - 0Yds
1 - 1 (ファンブル) 回数 - 喪失 0 - 0
1 - 1 (フィールドゴール) 回数 - 成功 1 - 1
24:51 TIME OF POSSESSION 23:09
個人記録
RUSHING
NO. PLAYER ATT YARDS TD LG    
33 富澤 友貴 6 43 2 18
27 細野 陽平 5 35 0 10
14 ベンジャミン アンダーソン 6 27 0 11
2 宮幸 崇 3 23 1 11
5 木下 雅斗 1 5 0 5
18 荒木 裕一朗 2 1 0 6
チーム 1 -2 0 -2
TOTAL 24 132 3
PASSING
NO. PLAYER ATT COMP INT YARDS TD LG
14 ベンジャミン アンダーソン 14 13 0 132 2 27
18 荒木 裕一朗 12 6 0 81 0 22
5 木下 雅斗 5 4 0 79 1 48
16 川口 潤 1 0 0 0 0 0
TOTAL 32 23 0 292 3
RECEIVING
NO. PLAYER REC YARDS TD LG    
33 富澤 友貴 3 32 0 15
87 原田 大輔 2 28 0 21
7 井本 圭宣 2 23 1 13
89 東 慎也 2 16 0 13
17 志水 秀彰 2 16 0 9
11 財津 弘彬 2 14 0 11
32 金子 泰徳 2 9 0 8
88 大滝 裕史 1 48 1 48
83 下段 亮太 1 27 1 27
15 出島 崇秀 1 22 0 22
81 井上 繁明 1 16 0 16
8 出澤 信 1 12 0 12
1 中田 結 1 11 0 11
19 松尾 海太 1 11 0 11
1 中田 結 3 42 0 25
2 宮幸 崇 1 5 0 5
TOTAL 23 292 3
TACKLE
NO. PLAYER TACKLE YARDS SACK      
52 鈴木 修悟 4 0 0
12 アート ロウレル 3 9 1
47 小林 哲朗 3 0 0
27 細野 陽平 2 0 0
31 木村 亘 2 0 0
41 増山 純季 2 0 0
43 池田 貴士 2 0 0
2 宮幸 崇 1 0 0
4 矢口 俊太 1 0 0
6 マヌ ナティカウラ 1 0 0
9 番矢 大輝 1 0 0
1 財津 弘彬 1 0 0
21 石黒 貴也 1 0 0
22 河石 泰 1 0 0
23 北村 雅史 1 0 0
24 山口 亮二 1 0 0
44 小宮 洋平 1 0 0
49 嶋田 安孝 1 0 0
55 安川 大輔 1 0 0
57 田中 喜貴 1 0 0
92 守屋 一歩 1 0 0
96 杉浦 卓紀 1 0 0
TOTAL 33 9 1
INTERCEPTION
NO. PLAYER INT YARDS TD      
22 河石 泰 1 12 0
26 井上 貴弘 1 0 0
TOTAL 2 12 0
PASS CUT
NO. PLAYER CUT          
6 マヌ ナティカウラ 1          
12 アート ロウレル 1          
24 山口 亮二 1          
TOTAL 3

試合レポート

プロローグ

前節で悲願のオービック超えを果たしたノジマ相模原ライズ。開幕2連勝の後、第3戦の対戦相手は昨季Xリーグ昇格を果たした警視庁イーグルス。このまま勢いに乗って昨シーズンのXリーグ王者、富士通フロンティアーズへのチャレンジに繋げたいライズは、しっかりとした内容で勝ち切ることが出来るか。結果は勿論、内容が問われる試合になる。

1Q

イーグルスのキックオフで試合開始。ライズの先発QBは#14アンダーソン(アーカンソー大学パインブラフ校)。自陣30ヤードからの攻撃はパスとアンダーソンのランで早々にイーグルス陣内に侵攻すると、最後はアンダーソンから今季コーチも兼務するベテランWR#7井本(立命館大)へのタッチダウンパスが成功してライズが先制。K#29望月のPAT(※1)のキックも成功して7-0とする。続くライズのキックオフではイーグルスのリターナーがキャッチにもたつくところをLB#41増山(日本体育大)が一気に詰め寄り、敵陣深くでタックルするビッグプレーが飛び出す。自陣3ydからのイーグルスの攻撃は、ライズ守備陣があっさりと3アンドアウト(※2)に追い込んで攻守交替。次の攻撃シリーズでも、アンダーソンからライズTE#83下段(法政大)への27ヤードタッチダウンパスがヒット!PATのキックも成功して14-0とする。続くイーグルスの攻撃を3アンドアウトでパントに追い込むと、ライズはQBを#18荒木(立命館大)にチェンジ。荒木はリズム良くボールを前に進め、イーグルス陣レッドゾーンに侵攻したところで1Q終了。


2Q

1Qから引き続きライズの攻撃、イーグルスゴール前5ヤードと絶好のフィールドポジションで、QB荒木からハンドオフを受けたエースRB#2宮幸(中央大)が中央からエンドゾーンに走り込んでタッチダウン!! 望月のPATキックも成功して21-0とイーグルスを大きく引き離すライズ。 続くイーグルスの攻撃も、ライズの鉄壁の守備陣が前進を許さずに3アンドアウトでパントへ。ライズディフェンスはここまで一度のダウン更新も許していない。続くライズの自陣47ヤードからの攻撃はQB荒木のパスが成功せず3アンドアウトとなり、この日初めてパントに追い込まれる。しかし、その後のライズの守備で今期副将を務めるCB#22河石(早稲田大)がイーグルスのパスをインターセプト!! 敵陣で攻撃権を奪い返すことに成功。ライズは絶好の追加点のチャンスを、K望月の35ヤードフィールドゴールに繋げて3点を追加し、24-0とする。続くイーグルスの攻撃、ここでライズのディフェンスに反則が発生し、この日初めてイーグルスがダウンを更新。イーグルスはランプレーを軸に、じりじりとボールを前に進め、ライズ陣35ヤード地点まで侵入したところでフィールドゴールを選択。45ヤードのフィールドゴールキックを決めて24-3となった所で前半終了。


3Q

後半はライズのキックオフから。イーグルスの攻撃を3アンドアウトに追い込み、自陣40ヤードから後半最初のライズの攻撃。QBは再びアンダーソンにチェンジ。イーグルス守備陣にプレッシャーをかけられて、4thダウン残り1ヤードの状況に追い込まれるが、ライズはここで4thダウンギャンブルを選択。ここでRB#33富澤(日本大)が確実にボールをキャリーして1stダウンを更新。アンダーソンからWR#17志水(慶応大)へのパスでダウンを更新して敵陣へ侵攻。ここで再びRB#33富澤が大きくゲインしてレッドゾーンに侵入、3Q残り2分。WR#11財津(一橋大)のパスキャッチからのランアフターキャッチ(以下、RAC)でイーグルスゴール前まで進んで再びダウンを更新すると、最後はここまで切れのある走りを見せているRB富澤がエンドゾーンに飛び込んでタッチダウン。PATのキックも成功して31-3とリードを拡げる。3Q残り2分を切ってのイーグルスの攻撃は、キックオフのリターンで20ヤードほど走られるが、今期から加入のLB#12アート・ロウレル(ハワイ大)がQBサック、パスカットを立て続けに決めてイーグルスの攻撃の勢いを削ぐ。3Qはこのまま終了。


4Q

最終4Qはライズの攻撃から、QBは再び荒木が登場。ショートパスとRBのランでイーグルス陣内までボールを進める。ここで荒木からWR#8出澤(早稲田大)に絶妙なパスが通り、ゴール前3ヤード地点まで侵攻。最後はRB富澤がこの日2つ目のタッチダウンランを成功させてライズが追加点。PATのキックも成功して38−3とリードを拡げる。その後のイーグルスの攻撃をパントに追い込み、再びライズの攻撃へ。ここでライズはQBを#5木下(立命館大)へチェンジ。今秋初登場となる木下は、味方の反則等でリズムに乗り切れない中、自らのランやWR#1中田(日本大)へのパスでダウンを更新、粘り強くボールを前に進めていく。4Q残り5分、木下からWR#88大滝(立命館大)へ48ydのロングパスが成功。大滝は敵のディフェンスに囲まれながらも、力強いRACで身体ごとエンドゾーンに飛び込んでタッチダウン!! PATのキックも成功して7点を追加、45-3とする。ライズディフェンスはイーグルスにダウンの更新を許すも、最終的にパントに追い込むことに成功。残り時間1分13秒で再びライズの攻撃へ。ライズはここでQBを新人の#16川口(岐阜大)にチェンジ。ニーダウンせずにボールを前に進めるライズだが、ここでRB#27細野(国士館大)がファンブル。転がったボールをイーグルス守備陣に押さえられて攻守交替となるが、タッチダウンを狙ったイーグルスのロングパスをDB#26井上(近畿大)がインターセプト。最後はQB川口がニーダウンして試合終了。

ライズは警視庁イーグルスを退けて開幕3連勝を飾り、暫定的ながら富士通フロンティアーズと並んでセントラルディビジョンの首位に立った。ライズの守備陣はこの日も堅陣を敷いてイーグルスの攻撃陣に殆ど仕事をさせず、攻撃陣も得意の地上戦だけではなく、パスでも3つのタッチダウンを奪うことに成功。RB富澤等、新戦力の台頭も見られ、収穫の多い試合となった。それでも、昨季王者で今期も盤石の試合運びでここまで一度も負けていない富士通フロンティアーズとの対戦を考えると、攻守ともに更なるレベルアップが必要なことは間違いない。10/3(土)の富士通戦までに残された時間は限られているが、選手・コーチ・スタッフに至るまで、チームに関わる全てのメンバーが、試合開始まで如何に成長し続けるかを考え、試行し続けることが、勝利に向けての最低条件になる。

  1. ※ 1 「PAT」:Point After Touchdown(ポイント アフター タッチダウン)の略。タッチダウン後にエンドゾーン手前3ydからフィールドゴールを蹴ること(得点は1点)
  2. ※ 2 「3アンドアウト」:攻撃側のシリーズが1度もダウンを更新できずに3回の攻撃のみで終了し、パントに追い込まれること
  • Nojima
  • override
  • wits-com
  • 34
  • jcom
  • eco-green
  • New Balance
  • FLUX CONDITIONINGS
  • TOKAN

(c) 2017 NOJIMA SAGAMIHARA RISE